猫の健康管理に水が大きく影響する影響する理由や、猫の健康を管理する上で見逃してはならない症状などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

猫はなぜ泌尿器疾患にかかりやすい?

猫の健康を保つのに必要な水分量

猫は、もともと砂漠で暮らしていた動物のため、尿を凝縮させるなどして、少ない水分でも生き延びられるように進化を遂げてきました。

 

そのため、尿を作り出す機能を持つ腎臓には大きな負担がかかってしまうのです。腎臓にかかる負担を減らすためには、水をたくさん飲ませなければなりません。

 

個体差はありますが、だいたい1日200mlほどの水分が必要になりますので、できるだけ猫が水分を補給しやすい環境を作ってあげるようにしてください。

 

水を飲まない性質の猫と泌尿器疾患のリスク

そもそも猫は、砂漠で生きるための進化として凝縮した尿を排出するようになったのですが、自宅で飼っている猫はいつでも水分補給をすることができます。

 

健康面で見ても、凝縮した尿を排出するより、こまめに水分を補給させて尿を排出させた方が、腎臓にかかる負担は少なくなるのです。

 

また、水分が少なくなると、毒素をろ過して水分を再利用しようとしてしまうため、泌尿器疾患のリスクが高くなります。カルシウムやマグネシウムが原因で結石を作ってしまう可能性もありますので注意しましょう。

 

とくに避妊去勢している猫は泌尿器疾患のリスクが高くなると言われています。高齢な猫の方が泌尿器疾患のリスクは高いですが、若いうちからでも泌尿器疾患にかかるリスクはありますので、猫がすぐに水を飲めるように水飲み場を複数作るなど、配慮してあげましょう。

 

通常のウォーターサーバーには塩素がないので放置は危険!

硬度の高いミネラルウォーターの場合、マグネシウムやカルシウムが多く含まれているため、尿結石のリスクも高くなってしまいます。

 

そのため、硬度の低いミネラルウォーターがよいでしょう。ただし、ミネラルウォーターや通常のウォーターサーバーの場合、塩素が含まれておりません。

 

塩素が含まれていない水の場合、雑菌が増えやすいというデメリットがあります。そのため、置き水で放置してしまうと雑菌が増えてしまい、猫の健康にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

塩素が含まれていない水をあげるときは、放置せずに小まめに交換するようにしてください。とくに夏場は雑菌が増えやすい季節ですので、小まめに水を交換することを強くおすすめします。

 

 

新鮮でおいしいお水が飲める!水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

初期費用18,000円(税別)
月額費用4,200円~(税別)
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金設置日和36ヶ月未満だと早期解約手数料として20,000円(税別)
撤去費用として18,000円(税別)

 

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射能物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

2位:ピュアウェーブ


初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

 

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

3位:楽水


初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

 

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。

 

 

関連記事

ページの先頭へ戻る