猫の健康管理に水が大きく影響する影響する理由や、猫の健康を管理する上で見逃してはならない症状などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

猫のことを本当に考えるならミネラルウォーター?水道水?正解は○○なウォーターサーバー

硬度の高いミネラルウォーターは猫に悪影響がある

みなさんは、猫にミネラルウォーターを飲ませていますか?それとも水道水を飲ませていますか?中には「猫に飲ませる水には気を使っていなかった」という方もいるでしょう。しかし、猫が飲む水の種類によっては、身体に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

 

たとえば、硬度の高いミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウムが多く含まれています。そのため、大量に飲むと尿路結石を招いてしまう可能性があるのです。

 

「水道水より綺麗な水を飲ませてあげたい!」という気持ちから、ミネラルウォーターをあげている方も少なくないと思います。ですが、硬度の高いミネラルウォーターはかえって危険なので、硬度の低いミネラルウォーターをあげるようにしましょう。

 

ミネラルウォーターより水道水の安全基準の方が高い!

「綺麗な水を飲ませてあげたい」という想いでミネラルウォーターを選んでいる方も多いと思いますが、実はミネラルウォーターにもデメリットが存在します。それは、水道水よりも雑菌が増えやすいという点です。

 

水道水には塩素が含まれているため、置き水をしても雑菌が増えにくいというメリットがあります。しかし、大半のミネラルウォーターには塩素が含まれていないため、置き水をすると雑菌が増えてしまう可能性があるのです。とくに夏の暑い時期は雑菌が増えやすいため、ミネラルウォーターで置き水をするのは危険です。

 

なので、必ずしもミネラルウォーターをあげることが安全とは言えません。むしろ、夏場は水道水の方が雑菌も増えにくいので、安全性は高いと言えるでしょう。

 

また、最近の水道水は安全基準が高いため、安心して口にすることができます。なので、硬度の高いミネラルウォーターをあげるくらいならば、水道水の方が遥かに安全と言えます。

 

それでも愛猫には水道水よりおいしい水を飲んで欲しい…

水道水が安全であることが分かっても、「やっぱり愛猫には美味しい水を飲んで欲しい!」という気持ちが消えない方は多いでしょう。その場合は、水道水と同じくらいの硬度のミネラルウォーターをあげるようにしてください。

 

ちなみに、日本の水道水の硬度は、40~70mg/Lほど。硬水として知られるヴィッテルは315mg/Lと、非常に硬度が高いことがお分かりいただけるはずです。

 

なので、硬度38mg/Lの「クリスタルガイザー」や、硬度30mg/Lの「南アルプスの天然水」が猫にあげるミネラルウォーターとしては適切と言えるでしょう。

 

もしくは、家にウォーターサーバーを設置するという方法もおすすめです。ミネラルウォーターをあげるとなると、購入するのに手間がかかりますが、水道直結のウォーターサーバーであれば、一度設置するだけで水道から綺麗な水を引くことができます。

 

面倒なボトル交換が必要ないウォーターサーバーも多いので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

安全でおいしいお水が飲める!水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

初期費用18,000円(税別)
月額費用4,200円~(税別)
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金設置日和36ヶ月未満だと早期解約手数料として20,000円(税別)
撤去費用として18,000円(税別)

 

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射能物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

2位:ピュアウェーブ


初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

 

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

3位:楽水


初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

 

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。

 

関連記事

ページの先頭へ戻る