猫の健康管理に水が大きく影響する影響する理由や、猫の健康を管理する上で見逃してはならない症状などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

猫に優しいウォーターサーバーの選び方

硬水は絶対NG!軟水がオススメ

「猫にも綺麗な水を飲ませてあげたい」と思われている方は少なくないと思います。だからこそ、水道水ではなくミネラルウォーターをあげているという方も多いでしょう。しかし、ミネラルウォーターなら何でもよいわけではありません。硬水にはカルシウムやマグネシウムが多く含まれているため、尿路結石を招いてしまう可能性があるからです。なので、もしミネラルウォーターをあげる場合は、できる限り軟水を選ぶようにしましょう。

 

一般的には、硬度120mg/L以上の水が硬水とされています。こういった硬水を猫に与え続けると、尿路結石や膀胱結石の原因になったり、すでに発症している場合はさらに悪化させてしまったりするため、硬度120mg/L以下の軟水を選ぶことをおすすめします。

 

猫にとってミネラルは毒!無添加のRO水・天然水を選ぼう

我々人間からすると、水道水よりもミネラルウォーターの方が「綺麗」というイメージがありますよね。そのため「ミネラル」という言葉に対して「身体に良さそう」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分を猫に与えすぎると、尿路結石のリスクを高めてしまうのです。とくに猫の場合は、もともと凝縮した尿を排出する傾向にあるため、結晶が作られやすい体質になっています。そのため、できるだけ硬度の低い水を与えて、尿の濃度を下げさせる必要があるのです。

 

その点、ウォーターサーバーは水道水をろ過することによってミネラルを排除したRO水にできるため、猫にも安心して飲ませることができます。天然水にもミネラルが多く含まれていることがありますが、ウォーターサーバーでろ過すればミネラルを除去できますので、ウォーターサーバーを利用するのは非常におすすめです。

 

外気が入りにくいワンウェイボトル

ウォーターサーバーにはさまざまな種類があり、もっとも一般的なものとしてはリターナブルボトルがあります。このリターナブルボトルは、外の空気を取り込むことによって水をボトルの外に押し出すという仕組みです。ただ、このリターナブルボトルは水に空気が触れてしまうため、どうしても雑菌やほこりが混ざってしまうことがあったのです。

 

しかし、最近はボトルに空気が入らない「ワンウェイボトル」が多く普及されるようになったため、雑菌やほこりも混ざりにくくすることができるようになりました。そのため、開封前の状態であれば半年以上保存することができます。

 

ただ、開封してウォーターサーバーにセットしてしまうと、室内の雑菌やほこりや混ざる可能性があるため注意が必要です。

 

すべてを満たす水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバー

ボトル式のウォーターサーバーの場合、どうしても雑菌やほこりが混ざってしまうリスクがありましたが、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーであれば、それらのリスクを全て払拭することができます。

 

そもそも水道水は塩素が含まれているためミネラルウォーターよりも雑菌が増えにくいからです。もちろん、ウォーターサーバーでろ過すれば塩素も除去することができるため、純水に近いものを猫にあげることができます。

 

また、ボトル型のウォーターサーバーにはボトル交換という面倒な作業がありますが、水道直結型のウォーターサーバーであれば、一度設置するだけで美味しい水を何度も飲むことができるようになります。メンテナンスも少なく、いつでも美味しい水を水道から引けるのは魅力的ではないでしょうか。

 

猫に優しい水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーランキング

 

1位:Cool Qoo(クールクー)

  >>公式サイトはこちら

初期費用18,000円(税別)
月額費用4,200円~(税別)
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金設置日和36ヶ月未満だと早期解約手数料として20,000円(税別)
撤去費用として18,000円(税別)

 

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射能物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、猫に安全な水を飲ませてあげることができます。

 

2位:ピュアウェーブ


初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

 

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができるため、こちらも猫にぴったりのウォーターサーバーと言えるでしょう。

 

3位:楽水


初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

 

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。

 

関連記事

ページの先頭へ戻る